相続手続

ホーム > 相続手続 > なぜ相続手続は大変なのか

BLOG

株式会社 ワン・ストップ

株式会社 ワン・ストップ
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411
>> 詳細を見る

ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25キャンペーン

相続手続ガイドブック

なぜ相続手続は大変なのか

相続手続の大変さは、実際に経験したことがある人でなければ、なかなか分かりにくいところでしょう。
なぜならこの大変さは、経験してみなければ想像もつかないような細かい点がいくつもあるからです。

たとえば、銀行の預金に関する手続ひとつを例にしてみます。

相続に不慣れな人が、手続をしようと直接銀行の窓口に行ってから、最終的にその銀行の手続が完了するまでに、およそ3~4回は足を運ぶケースが多いのではないでしょうか。

もちろん、ワン・ストップにおまかせいただいた場合には、原則1回ですべてを終わらせるような動き方をします。
しかし、一般の方には、それはまず無理です。

ある程度の知識についても、持っている場合と持っていない場合とで、異なってくるでしょう。
また、そもそも相続という法律的な要素も多く含む事柄について、手続先の人も良く分かっていないケースも少なくありません。

双方が良く分かっていないため、何度も足を運んだり、間違った書類を案内されたりと、非効率な作業をする羽目になってしまうのです。
ひとつの銀行に行って手続をすると、混雑状況によっては、1回2時間ぐらいかかることもあります。これが3~4回も必要になると、たいしたことをしていないのに、ぐったり疲れてしまうものです。

平日の9時~15時という限られた時間しか、原則として窓口が営業していないことも考えると、少しは大変さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一方、相続手続を進めていく上で、非常に重要なのが、スケジュールです。
手当たり次第に進めていくと、あっちへ行ったりこっちへ行ったりと落ち着かず、散々振り回されることになりがちです。

また、手続の中には期限があるものもあります。
これらには、細心の注意を払わなければなりませんし、書類の有効期限についても同様です。

専門家は、このスケジュールが腕の見せ所のひとつでもあるのです。