相続手続

ホーム > 相続手続 > もらえる手続は確実に

BLOG

株式会社 ワン・ストップ

株式会社 ワン・ストップ
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411
>> 詳細を見る

ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25キャンペーン

相続手続ガイドブック

もらえる手続は確実に

期限がある手続には注意」でもあったように、もらえる手続は一定の期限内に請求しないと、もらえなくなってしまいます。

いくつかのカテゴリにまとめてご紹介します。

葬祭費・埋葬料

亡くなった方が、国民健康保険に加入していれば葬祭費、健康保険に加入していれば埋葬料が原則請求できます。
これらは3~7万円程度が多く、手続自体は比較的簡単です。
これらは、2年で時効になってしまいます。

高額療養費

1ヶ月間(同月内)に同一の医療機関でかかった費用を世帯単位で合算し、自己負担限度額を超えた分については、請求すれば返還されます。
自己負担限度額は、年齢や所得により変わります。
これは、2年で時効になってしまいます。

生命保険金

亡くなった方が生命保険に加入していた場合、その契約内容にもよりますが、受取人が請求することで保険金を受け取ることができます。
原則は2年で時効になるのですが、契約時の約款等で、特別に時効を3年としているものが多いようです。

未支給年金・遺族年金

年金受給者が亡くなると、原則未支給年金が発生します。生計を同一にしていた親族であれば、未支給年金を請求して受け取ることができます。
一方、遺族年金では、遺族基礎年金と遺族厚生年金があり、一定の要件に該当する場合には、請求することで受け取ることができるようになります。
これらは、5年で時効になってしまいます。