相続手続

ホーム > 相続手続 > いつから始めるべきか

BLOG

株式会社 ワン・ストップ

株式会社 ワン・ストップ
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411
>> 詳細を見る

ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25キャンペーン

相続手続ガイドブック

いつから始めるべきか

数ある相続手続は、大変面倒ではありますが、避けては通れないものです。
では、これらはいつから着手するのが良いのでしょうか。

ワン・ストップでは、四十九日法要の前に着手することを強くおすすめしています。
四十九日も済んでいない段階では、まだバタバタしていて、相続手続のことを考え始める余裕がないという意見もあるでしょう。

それは、まさにその通りなのです。
そもそも、四十九日前にすべての相続手続を終わらせるのは、至難の業と言えるでしょう。

しかし、相続手続の中には、そういった相続人の事情を考慮せず、一方的に期限を設けているものもあります。

これらについては、知りませんでしたという理由が通用しません。
そこで、優先順位の高い手続だけは、四十九日前という早い段階で着手しておくべきなのです。