葬儀

ホーム > 葬儀 > 希望の葬儀を行うために

BLOG

株式会社 ワン・ストップ

株式会社 ワン・ストップ
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411
>> 詳細を見る

ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25キャンペーン

相続手続ガイドブック

希望の葬儀を行うために

葬儀トラブルの多くを回避できる方法があります。それは、生前のうちから優良な葬儀社を見つけておき、信頼できる担当者と十分に話し合っておくことです。

亡くなってから慌てて葬儀社を探すような場合では、優良な葬儀社を探している余裕がないのが実情でしょう。トラブルの多くが、冷静な判断や時間的余裕がないことにより引き起こされています。

つまり、冷静な判断ができ、時間的余裕もあるときに葬儀社を選んでおけば、当然トラブルの多くを回避できることになります。

しかし、これが言葉でいうほど簡単ではありません。

誰しも、できれば自分の死についてなど、考えたくないものです。
しかし、果たしてそれで良いものでしょうか。

これは、ワン・ストップが推進する「遺言普及」についても同じことが言えます。

日本では、欧米諸国と異なり、圧倒的に自分の死と向き合うことを避ける傾向にあります。
結果的に、残された家族が困ってしまう事態になることもあります。

葬儀についても、「自分らしい葬儀」という切り口から、自分の最後の意思表示の場として、見送る人たちの心にいつまでも残るような演出を考える方が徐々に増えつつあります。

しかし、金銭的な面から、誰もが自分らしい葬儀を行えるというわけではないかもしれません。

ただ、その場合でも、どういう葬儀にしてほしいのか、誰を葬儀に呼んでほしいのかということは、いくら家族でも簡単にわかることではありません。

そこで、「エンディングノート」を活用する方法があります。

エンディングノートとは、文字通り自分のエンディング(最期の時)に関する希望やこれまでの人生の振り返り等、様々な項目が設けられているノートです。

このエンディングノートを1冊活用するだけで、残された家族がどれだけ感動し、助かるかは計り知れません。

遺言を書く準備としても活用されてきています。現在では、書店に数多くのエンディングノートが出版されていますので、一度手に取ってみるのも良いでしょう。

葬儀にまつわるトラブルの多くが、生前の葬儀社選びで回避できます。 また、担当者と話を重ねることで、実際の葬儀のときにも、より葬儀社の方が人柄等を理解してくれているので、心に響く葬儀となることでしょう。