葬儀

ホーム > 葬儀 > 葬儀業界のあれこれ

BLOG

株式会社 ワン・ストップ

株式会社 ワン・ストップ
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411
>> 詳細を見る

ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25キャンペーン

相続手続ガイドブック

葬儀業界のあれこれ

近年、葬儀をめぐる環境は大きく変化しています。
葬儀社においても、より自分らしい葬儀をプロデュースしてくれるようなところも増えてきています。

これは、これまでの葬儀社主導の葬儀から、利用者主導の葬儀に変わりつつあることを意味しています。

そもそも、これまでの葬儀業界には、不透明性をめぐるトラブルが多発していました。

もちろん、そのすべてが解消されたわけではありませんが、透明性が高くなっているという変化もあります。

たとえば、見積もりで聞いていた金額から、実際に請求された金額が倍以上になっていた!というケースや、そもそも見積もりを出してくれず、いくら請求されるか分からなかった!という話も、決して珍しい話ではありませんでした。

このような変化の背景には、新規業者が多数参入してきたことが挙げられます。
葬儀社として新規参入するためには、特別の許認可や届出をする必要がないことから、異業種からの新規参入も急増しました。

インターネットの普及により、今まで明るみに出ていなかった情報が広く出回ったことも大きな原因でしょう。

一方、実際の葬儀社の方のお話によると、近年、毎年のように葬儀自体の価格が下がっているようです。

これは、いわゆる「小さな葬儀」の比率が増加したことが最大の原因です。
不況や家族・親族関係の希薄化等の結果と見ることもできますが、特に都心部で「小さな葬儀」が増加しているようです。

「小さな葬儀」とは、主に家族葬や火葬だけを行う葬儀の形式のことを言います。

「小さな葬儀」では、お坊さんを呼ばない場合もあることから、近年ではお坊さんも危機感を持っているという話も耳にしたことがあります。

その一方で、自分らしい葬儀を生前のうちから検討し、葬儀社の方といっしょに作り上げていくという方も増えています。

自分の最後の意思表示の場として、より自分らしい演出をすることで、みなさんの心にもいつまでも残りやすく、非常に好評のようです。

今後もこうした生前予約は増加していくものと思われますが、その取り組みについては、葬儀社によって大きく異なりますので、しっかり検討する必要があるでしょう。