年金

ホーム > 年金 > 遺族年金(厚生年金)

BLOG

株式会社 ワン・ストップ

株式会社 ワン・ストップ
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411
>> 詳細を見る

ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25キャンペーン

相続手続ガイドブック

遺族年金(厚生年金)

厚生年金に加入していた者が亡くなった場合に支給される遺族年金を、遺族厚生年金と言います。
国民年金にある寡婦年金や死亡一時金といった年金はありませんが、中高齢加算や経過的寡婦加算といった制度が設けられています。
国民年金の場合と異なり、手続は年金事務所(旧社会保険事務所)で行います。

遺族厚生年金

遺族厚生年金を申請できるのは、厚生年金加入者で、以下のいずれかに該当する方が亡くなった場合です。

  • 保険料の未納期間が全加入期間の3分の1以上ない方(ただし、平成28年3月31日以前については、死亡日の属する月の前々月までの直近1年間に未納がなければよい)
  • 在職中の病気やケガが原因で亡くなった
  • 老齢厚生年金の受給資格期間を満たした方
  • 1・2級の障害厚生年金を受けられる者であった

上記の場合に申請できるのは、以下のいずれかに該当する遺族です。

  • 子、孫(18歳未満、あるいは20歳未満で等級1・2級の障害がある)
  • 55歳以上の夫、父母、祖父母(60歳から支給)

※子のある妻、上記条件に該当する子は、遺族基礎年金も併給できます。
※配偶者に対する遺族厚生年金は、再婚すれば支給停止となります。
※18歳未満の子を持たない30歳未満の妻は、5年間のみ受給できます

相続開始から5年以内が申請期限となっています。

中高齢加算

次のいずれかに該当する妻が受ける遺族厚生年金には、40歳から65歳になるまで一定額が遺族厚生年金に加算されます。

  • 夫が亡くなったとき40歳以上で、生計が同一の18歳未満の子、または20歳未満で1・2級の障害を持つ子がいない
  • 40歳になったとき、夫の死亡当時から生計が同一の子がいる(ただし遺族基礎年金の受給中は支給停止)

※青字部分は、平成19年からの改正ポイントで、いずれも市民にとって不利な条件に変更されています

経過的寡婦加算

次のいずれかに該当する昭和31年4月1日以前に生まれた妻は、遺族厚生年金に一定額が加算されます。

  • 中高齢加算がされていた遺族厚生年金受給権者が65歳に達したとき
  • 65歳以上で遺族厚生年金の受給権が発生したとき(ただし、遺族厚生年金が受給できる場合の中の「老齢厚生年金の受給資格期間を満たした夫が亡くなった場合」に該当するときは、夫の被保険者期間が20年以上(または40歳以降に15年以上)ある場合に限ります)

経過的寡婦加算は、年金制度の変更により、受給額に不公平が出ないようにするための措置です。