年金

ホーム > 年金 > 遺族年金(国民年金)

BLOG

株式会社 ワン・ストップ

株式会社 ワン・ストップ
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411
>> 詳細を見る

ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25キャンペーン

相続手続ガイドブック

遺族年金(国民年金)

国民年金に加入していた者が亡くなった場合に支給される遺族年金を、遺族基礎年金と言います。
国民年金の場合、他にも寡婦年金や死亡一時金があり、一定の場合に受け取ることができます。

厚生年金の場合と異なり、手続は役所で行います。

遺族基礎年金

遺族基礎年金を申請できるのは、以下のいずれかに該当する方が亡くなった場合です

  • 国民年金に加入している方で、保険料の未納期間が全加入期間の3分の1以上ない方(ただし、平成28年3月31日以前については、死亡日の属する月の前々月までの直近1年間に未納がなければよい)
  • 老齢基礎年金の受給資格期間を満たした方(原則25年以上)
  • 老齢基礎年金を受けている方

上記の場合に申請できるのは、以下のいずれをも満たす遺族です。

  • 亡くなった方と生計を同一にして(もしくは生計を頼って)いて、前年の年収が850万円未満
  • 18歳未満の子、あるいは等級1・2級の障害のある20歳未満の子ないしそうした子をもつ妻

相続開始から5年以内が申請期限となっています。

寡婦年金

寡婦年金とは、一定の条件において支給される年金で、申請できるのは以下をすべて満たした妻です。支給時期は、妻が60歳から65歳になるまでとなっています。

  • 婚姻期間(事実婚も可)が10年以上継続している
  • 夫によって生計が維持されていた
  • 夫が障害基礎年金または老齢基礎年金を受けたことがない
  • 死亡日において、死亡した日の属する月の前月までの第1号被保険者としての納付済期間と免除承認期間が25年以上ある

※第3号被保険者期間は含みません
※妻の年収が850万円以上だと支給されません
※遺族基礎年金(または遺族厚生年金)両方の受給要件に該当するときは支給時期が重複しない場合に限り、
それぞれ受け取ることができます。
重複する期間は、いずれかひとつを選択することになります。

支給額は、遺族基礎年金の4分の3です。
遺族基礎年金と同様、5年が申請期限となっています。

死亡一時金

遺族基礎年金には該当しない場合でも、年金が掛け捨てにならないために、死亡一時金の制度が設けられています。
死亡一時金を申請できるのは、国民年金の保険料を3年以上(第1号被保険者期間に限る)納めた方が、いずれの年金も受けずに死亡し、遺族基礎年金に該当しない場合の遺族です。

さらには、生計を同一にしていたことも条件になりますが、遺族の間に請求できる順位が決められています。
具体的な順位は、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順となっています。

また、寡婦年金の需給要件にも該当する場合が考えられます。このときは、いずれか一方を選択することになります。
支給額は納付済期間によって異なりますが、12~32万円となっています。
遺族基礎年金や寡婦年金と異なり、相続開始から2年が申請期限となっています。